HOME > 小笠原亜熱帯農業センター > 試験研究成果概要 > 令和2年度試験研究成果概要

小笠原亜熱帯農業センター

令和2年度 試験成績書目次

魅力ある特産熱帯果樹の周年生産モデル確立に向けた生産技術開発

1カンキツ類の小笠原における生育特性の把握

(1)~施設栽培「菊池レモン」の除葉による着色不良回避方法の検討~
(2)~「菊池レモン」貯蔵果実の緑色保持を目的とした低温輸送時の個包装資材の検討~

2新たな資材活用による栽培技術の開発

(1)~パッションフルーツにおけるミスト冷房による日焼け被害抑制効果について~
(2)~水溶性肥料の多頻度少量施用がパッションフルーツの収量・品質に与える影響~

3その他特産熱帯果樹における新たな可能性の検討

(1)~用土量を変えた根域制限におけるマンゴーの生育比較(定植6年目)~
(2)~小笠原におけるレイシの生育特性の解明(収穫2年目)~

自生種活用のための駆除外来樹チップの有効活用

1駆除外来樹の有効活用

2遺伝資源の技術開発・保存・展示

病害虫防除試験

1アフリカマイマイ被害回避手法の検討

(1)~父島および母島におけるアフリカマイマイの分布(第15回全島調査)~
(2)~銅資材による固有陸産貝類忌避性アフリカマイマイトラップの開発~

2世界自然遺産登録地に適した侵入病害虫等の管理技術の検討

(1)~小笠原自生・栽培植物に対する南根腐病菌の接種と病原性~
(2)~小笠原におけるマンゴーに寄生するルビーロウムシの発生消長~

亜熱帯における農業技術の普及及び経営指導

1野菜,果樹,花卉,切葉類の生産向上

(1)~株間へのダクト送風によるミニトマトの裂果防止効果の検討~
(2)~ミニトマトの省力的な誘引整枝方法の検討~
(3)~オクラの有望品種の特性把握~
(4)~シカクマメの有望品種の特性把握~
(5)~パッションフルーツのマルチ利用による節水栽培技術の検討~
(6)~外来カタツムリ「アジアベッコウ」の農作物への食性調査及び農薬による防除効果の検討~

小笠原亜熱帯農業センターのトップへ

PCサイト表示