HOME > 小笠原亜熱帯農業センター > 試験研究成果概要 > 平成30年度試験研究成果概要

小笠原亜熱帯農業センター

平成30年度 試験成績書目次

魅力ある特産熱帯果樹の周年生産モデル確立に向けた生産技術開発

1カンキツ類の小笠原における生育特性の把握

(1)~小笠原における「菊池レモン」でのハダニ類,サビダニ類,ホコリダニ類の発生消長~
(2)~「小笠原オレンジ」の優良系統選抜(結果4年目)~

2新たな資材活用による栽培技術の開発

(1)~「菊池レモン」の果実間接触部分における着色不良抑制方法の検討~
(2)~パッションフルーツ栽培の近紫外線除去フィルム、赤色LEDによるアザミウマ類防除~

3その他特産熱帯果樹における新たな可能性の検討

(1)~用土量を変えた根域制限におけるマンゴーの生育比較(定植4年目)~
(2)~パッションフルーツ平棚仕立てにおける最適な着果数の検討~

小笠原諸島自生種による公共工事利用技術の開発

1公共工事に利用可能な自生種の選定および利用技術の開発

(1)~根域制限技術を活用した街路樹の巨木化抑制方法(定植3年後)~

病害虫防除試験(平成26~30年度)

1世界自然遺産登録地に適したアフリカマイマイ管理技術の検討

(1)~父島および母島におけるアフリカマイマイの分布(第14回全島調査結果)~
(2)~父島の追加地点調査におけるアフリカマイマイの発生消長および再捕獲率~
(3)~燐酸第二鉄水和物粒剤の処理量および処理方法による防除効果の比較~

2世界自然遺産登録地に適した侵入病害虫等の管理技術の検討

(1)~レイシ苗における温水処理条件の検討~
(2)~パッションフルーツ苗の耐温水性および用土と鉢の違いによる温水処理所要時間~

亜熱帯における農業技術の普及及び経営指導

1野菜,果樹,花卉,切葉類の生産向上

(1)~アフリカマイマイの誘引捕獲技術の開発~
(2)~カンキツのミカンハモグリガに対する各種殺虫剤の効果~

革新的技術開発・緊急展開事業(農林水産省)

1亜熱帯地域におけるパッションフルーツ施設栽培技術の開発

(1)~施設パッションフルーツ栽培における遮光ネットの効果~

小笠原亜熱帯農業センターのトップへ

PCサイト表示