HOME > 小笠原亜熱帯農業センター > 試験研究成果概要 > 平成23年度試験研究成果概要

小笠原亜熱帯農業センター

平成23 年度 試験成績書目次

特産熱帯果樹等の安定生産技術の開発

1小笠原の気候を活かした有望作目の生育・果実特性の把握

(1)施設栽培ゴレンシの剪定時期が収穫時期に与える影響
(2)ジャボチカバの生育・果実特性
(3)ジャボチカバの収穫特性
(4)「菊池レモン」の果実特性調査と他産地のレモンとの比較
(5)バニラの開花・結実特性の把握
(6)バニラの挿し木用土の検討

2パッションフルーツの品種比較試験

(1)~「サマークイーン」,「ルビースター」の生育・開花・着果特性~
(2)~「サマークイーン」,「ルビースター」の収穫特性~
(3)~「サマークイーン」,「ルビースター」の果実特性~

3パッションフルーツの落下と果実品質との関係

(1)~輸送中の振動と緩衝材による振動緩和効果~

4ホワイトサポテの生産技術開発

(1)~ホワイトサポテ炭疽病の発生状況と袋掛けによる発生抑制効果~

5アテモヤの生産技術開発

(1)~「ピンクスマンモス」の剪定による収穫期の拡大~

小笠原諸島自生種による植生回復技術の開発

1モクマオウ林からの植生回復技術の開発

(1)~移植した植物の生存率~

病害虫防除試験

1未解明病害虫の原因究明および防除技術の検討

(1)~キクイムシ類によるアテモヤ被害の発生~

小笠原亜熱帯農業センターのトップへ

PCサイト表示