農業センター

展示エリア|農業センター

亜熱帯農業センター展示エリア

概要

島民や観光客の皆様に小笠原の自然と園芸植物を紹介するために、展示エリアを公開しています。

利用案内

開園時間は午前8時30分から午後4時30分までで、定休日はありません。ただし荒天時等に閉鎖することがあります。また倒木等の理由で一部エリアを閉鎖することがあります。

入園料は無料です。自動車や自転車等で園内に乗り入れることは出来ません。村営バス「農業センター」バス停から徒歩1分。

園内や周辺には自動販売機や給水機はありません。

農業センターでは園内のガイドを行っておりません。ご希望の方は観光協会等にお問い合わせください。
また利用に関して詳しくは開園要領(平成15年)(アイコン画像PDF)をご参照ください。

展示エリアマップ(HP掲載用).jpg


38_p08.jpg

自生種・果樹・花木展示エリア

貴重な小笠原の自生植物や、熱帯の園芸植物等を展示しています。時期によって様々な植物が可憐な花を咲かせます。

38_p09.jpg

展示温室

小笠原で生産されている熱帯果樹を中心に栽培しています。街中にある農産物直売所ではこれらトロピカルフルーツを購入することができるかもしれません。ご自由にご覧ください。

38_p02.jpg

ヤシ園

世界のヤシのなかまを展示栽培するコーナーです。6月ころには、「ホウオウボク」(マメ科)が、真っ赤な花を咲かせます。その他、周辺にもさまざまな園芸植物が植栽されています。

38_p04.jpg

ベンガルボダイジュ

農業センターの主(ヌシ)といった風格のある大木です。もとは1本の木でしたが、気根が発達してジャングルジムのようになっています。

関連項目一覧へ ボタン

ページの先頭へ戻る

  • 東京都 島しょX(旧Twitter)
  • 東京都小笠原支庁Instagram
東京都小笠原支庁〒100-2101 東京都小笠原村父島字西町 電話番号 04998-2-2121
Copyright© 2018 Ogasawara Islands Branch Office. All Rights Reserved.