HOME > 小笠原亜熱帯農業センター > 展示エリア

小笠原亜熱帯農業センター

亜熱帯農業センター展示エリア

概要

島民や観光客の皆様に小笠原の自然と園芸植物を紹介するために、展示エリアを公開しています。

利用案内

開園時間は午前8時30分から午後4時30分までで、定休日はありません。ただし荒天時等に閉鎖することがあります。また倒木等の理由で一部エリアを閉鎖することがあります。

入園料は無料です。自動車や自転車等で園内に乗り入れることは出来ません。駐車場はありますが、環境配慮のため公共交通機関をご利用ください。村営バス「農業センター」バス停から徒歩1分。

園内や周辺には自動販売機や給水機はありません。

農業センターでは園内のガイドを行っておりません。ご希望の方は観光協会等にお問い合わせください。また利用に関して詳しくは開園要領(平成15年)をご参照ください。

東京都小笠原亜熱帯農業センター 案内図

写真:展示エリア
自生種・果樹・野菜・花卉展示エリア
貴重な小笠原の自生植物や、熱帯の園芸植物等を展示しています。時期によって様々な植物が可憐な花を咲かせます。
写真:展示ハウス
展示ハウス
小笠原で生産されている熱帯果樹を中心に栽培しています。街中にある農産物直売所ではこれらトロピカルフルーツを購入することができるかもしれません。ご自由にご覧ください。
写真:ヤシ園
ヤシ園
世界のヤシのなかまを展示栽培するコーナーです。6月ころには、「ホウオウボク」(マメ科)が、真っ赤な花を咲かせます。その他、周辺にもさまざまな園芸植物が植栽されています。
写真:ベンガルボダイジュ
ベンガルボダイジュ
農業センターの主(ヌシ)といった風格のある大木です。もとは1本の木でしたが、気根が発達してジャングルジムのようになっています。
写真:展示園
展示園
山の斜面に熱帯の園芸植物を展示栽培しています。遊歩道が整備されていますので、散策をお楽しみ下さい。
写真:展望台
展望台
展示園の遊歩道を一番上まで登ると展望台です。二見湾が一望できる絶景ポイントです。2月には、カンヒザクラの花も楽しめます。

小笠原亜熱帯農業センターのトップへ

PCサイト表示