展示・講演会

東京都公文書館では、所蔵資料や事業について、その内容を広く紹介し、多くの方々に知っていただくために、資料展や講演会等を開催しています。

江戸・東京の歴史を概観する常設展示「東京の軌跡」や企画展示の他、展示資料やアーカイブスに関する講演会等を実施します。

展示情報

公益財団法人特別区協議会・東京都公文書館共催展示
「庁舎の歴史 ~新宿庁舎開庁30周年記念展示」
会場 東京区政会館 1階エントランスホール(千代田区飯田橋3-5-1)

東京都公文書館は、東京区政会館(飯田橋)において、特別区協議会共催企画展示「庁舎の歴史」を開催します。

当館での企画展示は、東京都におけるリバウンド防止措置のため、10月1日(金)から同24日(日)まで休止を延長していますが、共通の展示内容をご覧いただけます。

会場にはパネルだけでなく、床面展示(床面シート)も行っています。

原資料はご覧いただけませんが、是非お越しいただき、庁舎の歴史をじっくりご覧ください。

企画展示

  • 展示概要
    東京都の行政の拠点である東京都本庁舎は、千代田区丸の内から新宿区西新宿へ移転し、平成3年(1991)年4月1日に開庁しました。本展示は、移転30年の節目を記念し、東京府・東京市時代から新宿移転まで約150年の本庁舎の歴史をたどります。
    また、郡区町村編制法により、東京府には15の区が誕生し、区役所庁舎が建設されました。この中から、著名な設計者によるものや、用途を変え現存している建物など、歴史的に貴重な庁舎を紹介します。
  • 開催期間:令和3年9月10日(金) ~11月1日(月)(日曜日、祝日を除く)
     平日  午前9時~午後8時30分
     土曜日 午前9時~午後5時
    ※展示期間が変更になる場合があります。(公財)特別区協議会ホームページ等でご確認のうえ、ご来場ください。
  • 開催場所:東京区政会館 1階エントランスホール(千代田区飯田橋3-5-1)
     東京メトロ東西線 飯田橋駅 A5出口すぐ
     東京メトロ有楽町線・南北線 飯田橋駅 A2出口徒歩2分
     都営地下鉄 大江戸線 飯田橋駅 A2出口徒歩2分
     JR中央・総武線 飯田橋駅 東口徒歩5分
  • 特別区協議会ホームページ:https://www.tokyo-23city.or.jp/

東京都公文書館企画展示
「庁舎の歴史~新宿庁舎開庁30周年記念」

企画展示

東京都公文書館では、東京都におけるリバウンド防止措置のため、企画展示の休止を延長いたします。
  <休止延長期間> 令和3年10月1日(金)から同月24日(日)まで
 なお、エントランスホールにおける一部展示については、引き続きご覧いただけます。
 またリバウンド防止措置期間終了後は展示を再開する予定ですが、新型コロナ感染症の流行状況によっては、引き続き休止期間を延長することがあります。
 皆さまには大変申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。


東京都の行政の拠点である東京都本庁舎は、千代田区丸の内から新宿区西新宿へ 移転し、平成3年(1991)4月1日に開庁しました。本年は、移転してから30年の節目に当たります。

そこで、これを記念し、東京都の前身である東京府・東京市時代の庁舎から新宿都庁舎に至る、約150年にわたる歴史を振り返る展示を企画しました。

東京都公文書館が所蔵する文書や写真、模型等をご覧いただき、庁舎の歴史を感じていただけたら幸いです。

展示構成

  • I 東京府の誕生と最初の東京府庁舎
  • II 東京府が目指した煉瓦庁舎の建設
  • III 東京市役所
  • IV 丸の内都庁舎
  • V 世紀の大事業
    ■ DVD上映 *展示休止期間中もご覧いただけます。
    『21世紀へむかって 新都庁舎の建設/東京都財務局シティ・ホール建設室』ほか、建設関係映像
    ■ 新宿都庁舎のミニチュアアートワーク *展示休止期間中もご覧いただけます。
    ■ 企画コーナー: 区役所庁舎の誕生
  • 展示会場:東京都公文書館 展示室及びエントランスホール
  • 開催期間:令和3年8月10日(火)~8月21日(土)/ 9月6日(月)~9月29日(水)
     *令和3年10月24日(日)まで休止します。

    開催時間:9時から17時まで(入室は16時30分まで)
    *8月22日から9月5日まで東京2020パラリンピック開催のため休止いたします。
    *新型コロナ感染症対策のため予告なく開催期間等を変更することがあります。
    *混雑状況により入場をお待ちいただく場合があります。
  • 休館日:日曜・祝日・第三水曜日(8月18日・9月15日)
  • 入場無料

関連講演・講座については、下記講演会情報をご覧ください。

東京都公文書館常設展示
「東京の軌跡」

この常設展では、天下の城下町江戸から今日の首都東京に至る歴史の流れと主な出来事をご紹介します。

東京都が所蔵する貴重な公文書や歴史資料に触れながら、東京の軌跡をたどれるように構成しました。

現在の東京の成り立ちと発展の過程を振り返りながら、記録資料を保存し利活用することの意味に思いをめぐらせ、未来へのヒントを見いだしていただければ幸いです。

今期は、資料保存の観点から全ての資料について複製を展示しています。

講演会情報

企画展示関連講演
「明治の東京府庁舎と建築家・妻木頼黄」(オンライン講演)

展示関連講演会として、都道府県庁舎研究の第一人者である建築史家・石田潤一郎先生をお迎えし、二代目東京府庁舎(煉瓦造)とその設計者である妻木頼黄(よりなか)についてご講演をいただきます。

  1. 講師:石田潤一郎先生(武庫川女子大学建築学部教授)
  2. 開催日時:令和3年8月20日(金)14:00~ *終了しました。
  3. 募集定員:50名(先着順)
  4. 参加にあたってのご注意
    今回の講演会は、新型コロナ感染症対策のため、オンラインによる開催となります(Microsoft Teamsを使用)。
    ご参加にはメールアドレスと、Web会議を閲覧するための端末(インターネットに接続したパソコン等)が必要です。
    資料の投影などが予定されていますので、画面サイズの大きいものをお勧めします。

企画展示関連講座
「東京府文書を読む」(オンライン講座)

東京都公文書館の所蔵する東京府文書(重要文化財)の中から、東京府庁舎に関する資料を取り上げ、くずし字と共にその意味や背景を読み解いていきます。

  1. 講師:東京都公文書館職員
  2. 開催日時:令和3年9月17日(金)14:00~*終了しました。
  3. 募集定員:30名(先着順)
  4. 参加にあたってのご注意
    今回の講演会は、新型コロナ感染症対策のため、オンラインによる開催となります(Microsoft Teamsを使用)。
    ご参加にはメールアドレスと、Web会議を閲覧するための端末(インターネットに接続したパソコン等)が必要です。
    資料の投影などが予定されていますので、画面サイズの大きいものをお勧めします。

過去の展示

過去の展示 ページへ

ページの先頭へ戻る

東京都公文書館 Tokyo Metropolitan Archives
〒185-0024 東京都国分寺市泉町2-2-21
Copyright© Tokyo Metropolitan Archives. All rights reserved.