HOME > 小笠原の自然 >都レンジャーニュース

小笠原の自然

都レンジャーニュース 令和2年度

令和2年9月17日(父島レンジャー 田谷)
新レンジャー紹介

新レンジャー紹介(小笠原地区父島)

  
9月から小笠原・父島地区の都レンジャーとして赴任しました田谷以生(たやいお)と申します。
2年前まで父島で環境省のアクティブレンジャーとして勤務していました。
青い海と鮮やかな緑の美しい小笠原の自然と、個性豊かな人々が忘れられず、戻ってきました。
小笠原の自然の美しさ、面白さだけでなく、
直面している課題や対策についても島民や観光で訪れた皆さんに知っていただきたいと思います。
利用者の皆さんに安全に小笠原の自然を楽しんでいただけるよう、
歩道や公園施設の維持管理なども頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

令和2年5月25日(父島レンジャー 右田)
新レンジャー紹介

新レンジャー紹介(小笠原地区父島)

  令和2年4月より父島レンジャーとして小笠原に赴任しました右田裕基(みぎたゆうき)です。
右田という苗字は内地でもあまり聞かれないかと思われますが、ルーツは宮崎県の椎葉村という人里離れた山奥の集落にあります。小笠原村でもおそらく私の1世帯だけでしょう。
ここに来る以前は2箇所の国立公園にて来訪者に対する教育普及の仕事をしてきました。小笠原の暮らしは初めてになりますが今回のご縁にとても感謝しています。
なぜなら、前職から今の仕事に繋がるまでのきっかけが子どもの頃に見た1冊の図鑑にあった小笠原諸島に住む生きものの特集にあったからです。
ページの見出しの一文にはこう書いてありました。「小笠原諸島だけに住んでいる」。それを見る度に、その場所にしかいない生きものがいる不思議と、いつか自分の足で会いに行ってみたいと思ったものでした。
それから数十年。今は自然と人をつなぐ役目として、私にできることを精一杯やっていきたいと思います。これからどうぞよろしくお願いします。  

小笠原の自然のトップへ

小笠原国立公園・ビジターセンター

都立大神山公園

世界自然遺産 小笠原諸島

都レンジャー

PCサイト表示