HOME > 小笠原の自然 > 東京都の取組 - 希少種の保全

小笠原の自然

東京都の取組 - 希少種の保全

小笠原諸島内に生息・生育する希少な動植物について、保全事業を行っています。

◇ 国内希少野生動植物種…絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(第4条第3項)に基づき、その個体が国内に生息し又は生育する絶滅のおそれのある野生動植物の種であって、政令で定めるもの

◇ 天然記念物…文化財保護法に基づき、動物、植物及び地質鉱物で我が国にとって学術上価値の高いもののうち、重要なもの(そのうち特に重要なものを「特別天然記念物」に指定)

◇ レッドリスト…絶滅のおそれのある野生生物の種(以下、「絶滅危惧種」)のリストのことで、個々の種の絶滅の危険度を評価し、ランク付けをしている
 国際的には国際自然保護連合 (IUCN)が作成
 国内では環境省、地方公共団体、NGOなどが作成
 【絶滅危惧種のランク(環境省レッドリスト2020)】
  絶滅危惧Ⅰ類…絶滅の危機に瀕している種
  絶滅危惧ⅠA類…ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
  絶滅危惧ⅠB類…IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
  絶滅危惧Ⅱ類…絶滅の危険が増大している種

種名
学名
国内希少
野生動物種
天然記念物 絶滅危惧種
オガサワラシジミ
Celastrina ogasawaraensis
IA
アカガシラカラスバト
Columba janthina nitens
IA
アホウドリ
Phoebastria albatrus
○※
オガサワラカワラヒワ
Chloris sinica kittlitzi
IA
オガサワラオオコウモリ
Pteropus pselaphon
IB
オガサワラグワ
Morus boninensis
IA

※特別天然記念物

オガサワラシジミ

 オガサワラシジミは小笠原諸島だけに生息する希少昆虫です。
 父島では1990年代まで確認されたほか弟島など複数の島でも確認の記録がありますが、近年では母島のみでの確認となっています。しかし、現在では母島でも確認がされていません。このような生息状況になったのは、外来生物のグリーンアノールによる捕食、台風による被害や開発による影響、アカギ、シマグワ等の外来植物の侵入等による在来植生への影響、愛好家による違法捕獲等の影響を受けてきたためと考えられ、本種は絶滅に瀕しているチョウ類となっています。
 都立多摩動物公園及び環境省新宿御苑では、生息域外における累代飼育に成功していましたが、令和2年8月25日に全ての個体の繁殖途絶が確認されました。
 唯一の野生生息地である母島では、種の存続のために餌植物となるオオバシマムラサキの保全、育成管理をするなどの活動を実施しており、令和2年度からは環境省小笠原保護官事務所と小笠原支庁で調査計画を作成し、生息状況の調査や保全活動を実施しています。

オガサワラシジミ
オガサワラシジミ
オオバシマムラサキの育成管理
オオバシマムラサキの育成管理

アカガシラカラスバト

 アカガシラカラスバトは小笠原諸島だけに生息する固有亜種です。元々の個体数が少ない上に、アカギなどの外来樹木の繁茂や台風の影響により餌となる木の実が減少、野生化したネコ(ノネコ)による捕食などで平成18年には推定野生個体数が40羽程度にまで激減しました。絶滅の危機を回避するため、行政機関やNPO法人など多くの団体が保護に取組んでいます。
 ノネコ対策や食餌植物の育成などの生息環境の整備により、アカガシラカラスバトの目撃数は増加し、以前までは見られなかった住宅地でも姿が見られるようになりました。また、都立動物園では平成12年度から生息域外保全を開始し、飼育下での自然繁殖に成功しています。

アカガシラカラスバト
アカガシラカラスバト
住宅地での目撃状況
住宅地での目撃状況

 平成15年4月にはアカガシラカラスバトの生息環境に適した森林の保全・整備を行い、生息域への立入りルールの確立を図るために、林野庁が父島の中央山東平の保護林内に「アカガシラカラスバトサンクチュアリー」を設定しました。

アホウドリ

 アホウドリ(別名:オキノタユウ)は特別天然記念物です。かつて伊豆諸島及び小笠原諸島以西の島しょで大集団をなして繁殖していましたが、乱獲によって個体数が減少し、一時は絶滅したものと考えられていました。
 その後、昭和20年代に伊豆諸島鳥島(以下「伊豆鳥島」という。)で再発見され、平成5年から開始された保護増殖事業の結果、本種の推定個体数は約6,500羽(令和2年度調査)まで回復しています。
 一方で、伊豆鳥島における噴火の可能性を考慮し、小笠原諸島において新たな繁殖地の形成を目指しています。聟島では環境省が中心となって平成20~24年にかけて伊豆鳥島燕崎からヘリコプターでの聟島への雛の移動(計70羽)、人工飼育を実施し、計69羽が巣立ち、平成23年より巣立ち個体の帰還が確認され、平成26年に初めて媒島で繁殖成功しています。これまで定期的なモニタリングとデコイや音声による誘引事業を実施してきました(平成18年度から平成23年度まで環境省、平成24年度から令和3年度まで東京都により実施)。聟島列島に定着した移送個体は69羽中3羽程度で、聟島列島に飛来するアホウドリは、約10羽程度(令和3年現在)です。
 これまでの取組の結果、着実に新たな繁殖形成へのステップを踏んでおり、令和4年には小笠原生まれ「アホウドリ」の繁殖が初めて確認され、移送世代の孫が誕生しています。
 また、聟島列島は、アホウドリのほか、クロアシアホウドリ、コアホウドリの繁殖地になっており、外来動物であるノヤギやネズミの駆除により、特にクロアシアホウドリの繁殖数が増加しています。地上に巣をつくるアホウドリ類にとってノヤギやネズミによる影響が低減され、安心して繁殖ができる環境になったと考えられます。

繁殖シーズン 聟島 媒島
(聟島から7km南)
嫁島
(聟島から22km南)
2012-13年 1卵(孵化せず)
2013-14年 1卵(孵化せず) 1雛巣立ち
2014-15年 1卵(孵化せず) 1卵(孵化せず)
2015-16年 1雛巣立ち 1雛巣立ち
2016-17年 1雛巣立ち
2017-18年 1雛巣立ち+1卵(孵化せず)
2018-19年 1雛巣立ち+1卵(孵化せず)
2019-20年 1雛巣立ち+1卵(孵化せず)
2020-21年 1卵(孵化せず)
2021-22年 2雛孵化
聟島及び周辺の島におけるこれまでのアホウドリの繁殖状況
小笠原生まれ「アホウドリ」の初繁殖
小笠原生まれ「アホウドリ」の初繁殖
聟島アホウドリ飛来状況
聟島アホウドリ飛来状況

オガサワラカワラヒワ

 オガサワラカワラヒワ(通称:オガヒワ)は、東アジアを中心に広く分布するスズメ目アトリ科カワラヒワの亜種として認識されていますが、近年、進化の過程で独自の特徴を持つようになったことが明らかとなっています。本亜種はカワラヒワの他亜種と約106 万年という古い時代に分岐したと推定されています。かつては小笠原諸島に広く生息が確認されていたものの、現在生息が確認されているのは母島、母島属島(母島列島個体群)及び南硫黄島(南硫黄島個体群)のみであり、現在の母島列島個体群の繁殖個体数は約100個体と絶滅の危険度が高い状況に置かれています。
 専門家、地域住民、民間団体や行政機関が連携して保護増殖事業に取組んでおり、小笠原支庁は都立動物園と連携し、主に生息域外保全に取組んでいます。令和3年9月には、母島島民から寄せられた飛来目撃情報などを基に母島で捕獲に成功し、飼育繁殖施設のある父島に移送、雄雌2ペア計4羽の飼育を開始しています。繁殖地の対策と連携して生息域外での増殖を実現し、生息域内の個体群の増強に貢献していきます。

オガサワラカワラヒワ
オガサワラカワラヒワ
オガサワラカワラヒワ初期飼育個体
オガサワラカワラヒワ初期飼育個体

オガサワラオオコウモリ

 オガサワラオオコウモリは、小笠原諸島唯一の固有哺乳類です。体長は19~35cm程度、翼を広げると1~1.5m程度になる大型の哺乳類で、主に果実や花、葉などを食べています。主に父島、母島、硫黄列島に生息していますが、最も個体数が多い父島でも推定400頭程度しか生息しておらず、絶滅が危惧されています。
 オガサワラオオコウモリの生態についてまだまだ知られていないことが多いため、GPSによる行動追跡調査や生息地の環境や利用している餌についての調査を実施しています。

採餌中のオガサワラオオコウモリ
採餌中のオガサワラオオコウモリ
オガサワラオオコウモリが食べたタコノキの実
オガサワラオオコウモリが食べたタコノキの実

オガサワラグワ

 オガサワラグワは、小笠原諸島の固有のクワ科の一種で、高さ20mにもなる巨木です。かつては小笠原諸島の湿性高木林の優占樹種でしたが、優れた材質であったため、明治初期の入植開始に各島で乱伐され、個体数が著しく減少しました。また、近年、外来種であるアカギやシマグワの分布拡大によって生育環境が悪化しており、絶滅が危惧されています。
 現在、自生株が残っている弟島、父島、母島のオガサワラグワ保全に関する取組が行われています。林野庁や東京都による生育状況調査や生息域内の環境改善(外来植物駆除等)、播種による苗木の育成など現地での取組に加え、研究施設において組織培養やクローン苗づくりの技術開発など生息域外保全に関する取組が行われています。

自生するオガサワラグワ(弟島)
自生するオガサワラグワ(弟島)
播種による苗づくり試験
播種による苗づくり試験

小笠原の自然のトップへ

小笠原国立公園・ビジターセンター

都立大神山公園

世界自然遺産 小笠原諸島

都レンジャー

PCサイト表示