東京都の人権課題

15 性的指向

 「差別や偏見をなくして」全ての人々の人権が尊重される社会を実現しましょう

「性的指向」とは

 性的指向とは、人の恋愛・性愛の対象がどういう方向に向かうのかを示す概念であり、自分の意志で変えたり、選んだりできるものではないと言われています。同性愛者や両性愛者の人々は、少数派であるために興味本位で見られたり、職場や学校で嫌がらせやいじめを受けたりするなど、日常生活や社会生活の様々な面で人権に関わる問題も発生しています。
 性については多様性があるということについて理解を深め、性的指向の異なる人たちへの偏見や差別をなくし、全ての人々の人権が尊重される社会を実現することが大切です。

 性自認や性的指向は、性的指向sexual orientation 及び性自認gender identity の頭文字をとって、SOGI(ソジ、ソギと読む。)と表現することもあります。

 LGBTは代表的な性的マイノリティの頭文字をとって作られた言葉です。
 Lesbian レズビアン(女性同性愛者)
 Gay ゲイ(男性同性愛者)
 Bisexual バイセクシュアル(両性愛者)
 Transgender トランスジェンダー(身体の性と異なる性別で生きる人、あるいは生きたいと望む人。)
 さらに、こうしたL G B Tの枠に当てはまらない人もいます。「性」はとても多様なのです。

 「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」
 (平成30 (2018) 年10 月制定、平成31 (2019) 年4月施行)
 いかなる種類の差別も許されないというオリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念が広く都民等に一層浸透した都市となることを目的とした条例です。
 東京都は本条例に基づき、性自認や性的指向を理由とする差別の解消及び啓発等を推進していきます。

「東京都性自認及び性的指向に関する専門電話相談」のご案内

東京都性自認及び性的指向に関する専門LINE相談」のご案内

「東京都性自認及び性的指向に関する企業等研修」のご案内

【令和3年度第1回目】※配信終了
【令和3年度第2回目】※配信終了
【令和3年度第3回目】※配信終了

「東京都性自認及び性的指向に関する都民向けセミナー」のご案内

【令和3年度】※配信終了

啓発資料等

関連項目一覧へ ボタン

ページの先頭へ戻る

当部ホームページへのリンクは、原則として自由ですが、メールにてご連絡ください。
Copyright© 2014 総務局人権部 All rights reserved.