HOME > 小笠原水産センター > 沿革・組織・刊行物

小笠原水産センター

沿革・組織・刊行物

沿革

昭和 43年(1968年) 小笠原諸島、日本に返還
  48年(1973年) 水産センター発足
調査指導船「興洋」配属
陸上無線局開局
  55年(1980年) 種苗生産試験開始
  58年(1983年) 2代目「興洋」竣工
  59年(1984年) シマアジ自然採卵に成功
  60年(1985年) 種苗育苗棟落成
平成 6年(1994年) 飼育観察棟落成
  7年(1995年) ソデイカ漁業の普及
  13年(2002年) 本館等落成
  19年(2007年) 3代目「興洋」竣工
  21年(2009年) メカジキ漁場予測に関する研究(~23年)
  24年(2012年) メカジキ漁場形成機構に関する研究(~26年)
  27年(2015年) メカジキ漁場予測技術開発に関する研究(~29年)
アカハタ資源管理手法開発研究(~令和元年)
  30年(2018年) ハマダイ資源の高度有効利用研究(~令和4年)
令和 2年(2020年) アカイセエビ資源管理技術開発に関する研究(~6年)

職員数(定数)

所長 1名
研究員 3名
無線通信士 4名
海技職員 8名
会計年度任用職員
(専門職:
 漁業指導補助員)
1名
17名

定期刊行物

小笠原のさかな

画像:小笠原のさかな

リンク

小笠原水産センターのトップへ

PCサイト表示