水産センター

船内紹介

船橋(ブリッジ)

 船舶を動かすための重要な機器類が集中している場所です。

 ここで船長や航海士が船舶の操縦を行っています。

  • 興洋船橋左側.JPG興洋船橋左側
  • 船橋中央興洋船橋中央
  • 興洋船橋右側興洋船橋右側

機関室(エンジンルーム)

 船を動かすための主機関(エンジン)や電気を作るための発電機などがある、いわば船の心臓部です。

 他にも海水から真水を作る造水器やお湯を作るためのボイラーなど大小あわせて約30種類の機械が設置されています。

  • 機関室中央機関室中央
  • エンジンエンジン
  • 通路通路

  • 機関監視室機関監視室

食堂・厨房

 船の厨房は、火災を未然に防ぐためガスは一切使用せず、IHコンロや電熱線を使用するなど様々な工夫が施されています。

 司厨の担当が、日帰りの航海では昼食を、泊りの航海では朝・昼・晩の三食を調理し、乗組員に提供しています。

  • 厨房厨房
  • 厨房厨房
  • 興洋食堂興洋食堂

  • 食事メニュー(一例)食事メニュー(一例)
  • 食事メニュー(一例)食事メニュー(一例)

居室

 長期の調査等で船内に宿泊するときや普段の航海時に船員が休息する個室です。

 手狭なように見えますが、冷蔵庫・テレビ(船舶ですので、電波状況が悪い時もあります)・空気清浄機などの家電も揃っていて、快適に休むことができます。

  • 居室居室

無線室

 船同士や水産センターにある無線局等との通信業務に必要な機器が設置されています。

 船同士のコミュニケーションはもちろん、興洋が観測したデータや航行中の気象データを無線局を経由して漁船等に発信し、近海における航行安全や漁業操業に役立てています。

  • 無線室無線室

関連項目一覧へ ボタン

ページの先頭へ戻る

  • 東京都小笠原支庁twitter
  • 東京都小笠原支庁Instagram
東京都小笠原支庁〒100-2101 東京都小笠原村父島字西町 電話番号 04998-2-2121
Copyright© 2018 Ogasawara Islands Branch Office. All Rights Reserved.