新型コロナウイルス感染症に係る人権問題

都民の皆様へ

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染者等に対する誹謗中傷や心無い書き込み等がSNS等で広がっています。また、感染者を受け入れた病院で職員やその子供がいわれのない差別的扱いを受けたり、海外旅行から帰国後自宅待機を無給で命じられたりするなどの事例も発生しています。
 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者や医療従事者、帰国者や外国人等に対して、不当な差別、偏見、いじめ、SNSでの誹謗中傷等があってはなりません。
 不確かな情報に惑わされて人権侵害につながることのないよう、正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いいたします。

 東京都では、不当な差別やいじめ等についての相談を受け付けています。
〇人権一般に関して

〇子供のいじめ等に関して

〇職場での問題に関して

「STOP!コロナ差別」チラシを作成しました

~戦うべき本当の相手は人ではなくウイルスです~

「STOP!コロナ差別」チラシ
店舗や施設での掲出等、どなたでも自由にご使用いただけます。
下記よりダウンロードの上、ご活用ください。


コロナ禍においても、差別等のない誰もが安心して暮らせる社会を目指す「シトラスリボンプロジェクト」は、感染しても誰もが笑顔で地域や職場に戻れることをコンセプトとする取組で、東京都もその趣旨に賛同しています。

https://citrus-ribbon.com/

citrus.jpg

ページの先頭へ戻る

当部ホームページへのリンクは、原則として自由ですが、メールにてご連絡ください。
Copyright© 2014 総務局人権部 All rights reserved.