HOME > 島民の方へ > 小笠原住宅(都営住宅)について - 小笠原住宅の募集について

島民の方へ

小笠原住宅(都営住宅)について - 小笠原住宅の募集について

  • 令和2年度から適用する東京都小笠原住宅のあき家入居者募集方法の変更について

  • 東京都小笠原住宅のあき家入居希望者の募集方法を下記のとおり変更し、令和2年6月1日以降に発生するあき家の入居者募集から適用します。


    令和2年度から適用する東京都小笠原住宅のあき家入居者募集方法の概要(PDF)



  • 令和2年度父島(一般世帯向け)あき家入居者募集について

  •  〇令和2年度の父島(一般世帯向け)あき家入居者募集は終了しました。
     ※父島(多家族世帯向け)、母島(一般世帯向け)、母島(多家族世帯向け)あき家募集は、
     あっせん可能住宅が発生した都度、別途募集のご案内をします。



     〇令和2年度父島(一般世帯向け)あき家住宅募集抽選結果は、下記のとおりです。


    令和2年度父島(一般世帯向け)あき家斡旋順番登録簿(PDF)

     ・住宅の斡旋について
      令和2年度のあき家「斡旋」は、令和2年6月1日から令和3年5月31日までに返還された住宅
     のうち、「あき家」として「斡旋」可能な住宅が「斡旋」対象となります。
      「あき家」住宅とは、居住者が退去後に支庁が住宅検査を終え、「あき家」として登録し
     た住宅をいいます。単に居住者が引っ越した(返還した)だけでは「あき家」住宅とはなりま
     せんのでご了解ください。
      なお、「斡旋」するあき家は、原則としてあき家の発生順となります。ただし、1階などの
     低層階は住宅変更対象となる場合がありますので、この限りではありません。また、「斡旋」
     対象住戸を指定することはできません。



     ・入居資格審査について
      令和2年度のあき家が発生した際は、修繕工事の必要性や規模によって入居可能時期が決ま
     ります。
      修繕工事を行う場合は、工事の進捗状況に合わせて、工事の必要ない場合は検査後速やかに
     「斡旋」の準備が出来次第、登録された「斡旋」順番に従い、入居資格の審査を行います。
      入居資格審査は、必要書類による書類審査と、申込者さまご本人との面接などによって行い
     ます。
      「斡旋」の準備が出来ましたら、土木課住宅担当からご連絡しますので、必要書類の提出を
     お願いします。この入居資格審査に合格された方に対して、あき家を「斡旋」します。



     ・「斡旋」の取消しについて
      入居資格審査の時点で、同居予定の世帯構成等が、使用申込書に記載されている内容と異な
     る場合は、原則として不合格となり「斡旋」は行われません。また、入居資格審査時点までに
     必要書類が準備できない場合も、不合格となりますので、必要書類についてご注意ください。
      入居資格審査で不合格となるなどの理由で、「斡旋」が行われなかった場合は、次の「斡旋」
     順番の方に権利が移行します。



     ・「斡旋」の辞退について
      「斡旋」を受けた方で、特別の理由がなく、「斡旋」を辞退した方は、令和2年度の「斡旋」
     順番の最後に登録されます。
      ただし、高齢その他の理由によるものはこの限りではありません。具体的な内容については、
     入居資格審査などの事務を進める中でご説明します。



     ・入居の時期について
      入居可能時期が確定しましたら、土木課住宅担当からご連絡します。





    お問合せ先

    土木課住宅担当 TEL:04998-2-2169

島民の方へのトップへ

PCサイト表示