公益通報の処理状況

平成30年度に受理した公益通報の処理状況(概要) (平成30年4月~平成31年3月)

知事部局等

1 受理件数
  26件

2 処理状況
          (令和元年5月20日現在)
区分 是正措置を行う必要があるもの 調査中 法令等違反に当たらないもの
都の事務・事業に関すること 11 14
職員の服務等に関すること 12
18 26
(東京都教育委員会、東京消防庁及び警視庁を除く。)

3 上記2のうち、「是正措置を行う必要があるもの」の概要
    
受付窓口 通報内容(概要) 処理状況(概要)
弁護士窓口 信書の不適切な取扱い  関係者に対し、信書開封が厳禁である旨を周知した。
 郵便物仕分け業務の適正化を図った。
弁護士窓口 プリンターの不正利用  被通報者に対し、不正利用を厳に慎むよう指導した。
 局内コンプライアンス推進委員会等で改めて注意喚起した。
弁護士窓口 勤務時間中の私事行為  被通報者に対し、私事行為を厳に慎むよう指導した。
 局内コンプライアンス推進委員会等で改めて注意喚起した。
全庁窓口 営利企業等従事制限違反  被通報者に対し、事前に申請を行い兼業許可をとるよう指導した。
 施設職員に対し兼業兼職チェックリストを実施したほか、関係者会議において注意喚起を行った。

東京消防庁

東京消防庁が受理した公益通報の処理状況はこちらから ⇒ 東京消防庁ホームページ「東京消防庁公益通報制度」

東京都教育委員会

東京都教育員会が受理した公益通報の処理状況はこちらから ⇒ 東京都教育委員会ホームページ「東京都教育委員会 公益通報弁護士窓口」
Copyright© 2017 総務局コンプライアンス推進部 All rights reserved.